産婦人科で不妊治療をしよう~フフフの産婦人科~

妊婦

幅広い診療

診療内容を確認します

最近では妊娠中絶を始め、様々な診療に対応出来る産婦人科が増えてきました。不妊治療も一般的になり、産婦人科の診療態勢も変わりつつあります。不妊治療は特に現在高度化しており、体外受精や顕微授精などを用いてこれまでは難しかった妊娠を可能にしています。こういった治療が出来るようになると、問題がある妊娠の場合に妊娠中絶という選択を迫られるケースが増えてくる訳です。従って、不妊治療を行なう場合には、万一の際の妊娠中絶についても相談の出来る産婦人科を選ぶことが、一つの方法となります。大阪には、こういった幅広い診療の出来る産婦人科があり、柔軟な姿勢で対応を行なっているのです。この大阪の産婦人科のような病院は、増える傾向にあります。

手術費用をご紹介します

妊娠中絶手術で必要になる費用は、一般的に妊娠から経過している日数によって若干変わってきます。大阪の産婦人科の場合には、約8週以内の手術では約8万円台です。より日数が経過した12週目では、約10万円台となっており早目に手術を受けることで費用を抑えることが出来る訳です。妊娠中絶手術には健康保険が適用されず、全額自己負担となります。大阪の産婦人科では、望まぬ妊娠を防ぐための診療も行なっており、低用量ピルやアフターピルの相談にも随時応じています。低用量ピルを使用した場合の費用は、1ヵ月分で約3000円弱です。アフターピルはより高くなる傾向があり、避妊法によって費用は3000円から1万円台まで幅があります。

費用について

不妊治療にかかる費用は健康保険が適用できずほとんどが自費治療になるのが大きな特徴です。不妊治療にかかる費用は高額になってしまうことが多く、そのため自治体からは助成金が出されています。

ピル専門クリニック

現在、大阪の産婦人科クリニックをを始め医療機関で広く処方されているのが、ピルです。ピルは避妊や生理不順の改善など幅広い用途に使用される薬で、現在では服用する女性も増えています。

ダイエット外来

ダイエット外来が増えている現在、不妊治療と組み合わせてダイエットプログラムを行なう医療機関も増えています。大阪のクリニックでは、実際にこのような治療を行なっており、不妊の一因となる肥満の解消を目指しているのです。

Copyright © 2015 産婦人科で不妊治療をしよう~フフフの産婦人科~ All Rights Reserved.