産婦人科で不妊治療をしよう~フフフの産婦人科~

費用について

不妊治療とは自然に妊娠が難しい場合に行われる治療方法のことをいいます。不妊治療にかかる費用は健康保険の適用外となっているため、ほとんどが自費治療になってしまうのです。そのため治療内容によっては高額な費用がかかってしまうことになります。 主に行われている不妊治療は、人工授精と体外受精になります。人工授精の平均的な価格は2万円ほどとなっています。これに比べ体外受精の平均的な価格は60万円となっており、保険が適用されないため全て自分で支払う必要があるのです。これは大体の平均的な価格となるため、クリニックによってもっと費用を抑えて治療できるところもあります。 少しでも費用を抑えることができるように自治体からは助成金が出されているのです。

不妊治療にはいくつかの種類がありそれぞれに特徴があります。不妊クリニックで行われている治療方法ですが、排卵日に合わせて性行為を行うタイミング方、精子を採取して不純物を取り除き身体に人工的に挿入する人工授精、卵を採取し体外で受精させ、受精卵を体内に戻す方法が一般的です。不妊クリニックではその人の身体の状態などに合わせて治療方法を提案しているのです。 また不妊クリニック以外でも、鍼灸院では鍼治療による不妊治療を行っていたり、また漢方院では不妊治療に効果が高い漢方薬を処方してくれます。 不妊治療でかかる費用の特徴ですが、ほとんど保険適用外となってしまうため自己負担がとても大きくなってしまう傾向にあります。

Copyright © 2015 産婦人科で不妊治療をしよう~フフフの産婦人科~ All Rights Reserved.